春の伊豆旅行~その3


  最終日の朝、一碧湖良かったからぜひ行くべし!
  とパパを引っぱりだし、パパは息子2を道連れにし・・・
  テコでも起きない息子1を残してお散歩へ♪今回はカメラ持参~。
c0065512_003323.jpg

  遊歩道が整備されてる場所もあれば
c0065512_005735.jpg

  ちょっとした遠足気分にひたれる場所もあり
c0065512_031771.jpg

  地元の小学生たちによる案内プレートがそこここに(^^)
c0065512_054710.jpg

  散策コースにはアップダウンもあり、それなりの崖も。。。
c0065512_062283.jpg

  戻ったらちょうど朝食にいい時間。息子1、まだまだ爆睡中(--;

  ところで息子2、すっかり看板犬のドナちゃんがお気に入り。
c0065512_08288.jpg

  「むぎゅーっ」って、ドナちゃんちと迷惑顔?!
c0065512_0123235.jpg
  もう一頭のブーくんはホスト役休業中。ドッグランでもすれ違いで会えなかった~。

  まるでローラ一家のような雰囲気を味わえるお宿♪ありがとうございましたー!

  



          ***********************

  最終日のメインイベントは、これ!
c0065512_0211291.jpg

  八幡野窯の、電動ろくろ体験です(^^)
c0065512_0221698.jpg
  犬同伴可とされているけれど、受付時に「吠えたら外へ連れ出すこと」と念押しされ。 
  ろくろ希望の場合だけかも知れませんが。
  確かに、インストラクターさんの指示を聞きながら機械も操るので、うるさくしたら迷惑でしょうね。。。
  部屋の奥の方のプレート作りや絵付けコーナーにはリードフックがあったりわんこプランがあったりと、もっとわんこ歓迎モードかも。他の犬客ちゃんもちらほら。
  メイシェ&フィフィは私の後方でおとなしく待機(^^)v
  
  そのろくろ体験ですが、説明ビデオで事前学習したのち、イントラさんにフォローされながら40分間、好きなだけ粘土を使って制作できます。作りたい人は大物もできちゃう!
  うちの家族はそれぞれ1~2個作り、マイベストひとつを選んで購入。
  基本料金以外に、重さによる焼成費と送料がかかります・・・ってことでちょっとした高級品(笑)完成。
c0065512_092660.jpg

  自分のイメージ通りに、かつ綺麗に仕上げるのは難しく奥が深い、、、はまりそう~!
  息子2は「もっとやりたい。延長しようよー」とねだってたけど、また今度ね~。
  
  このあとは城ヶ崎の吊り橋行ってー、
c0065512_22585089.jpg

  テラス席犬OKのお蕎麦屋さん蕎仙でお昼食べてー、
c0065512_2323144.jpg
  と言っても、この頃からぐぐっと気温が下がり、とても外で食べるなんてムリ(^^;
  店内は常時満席でしたが、空くのを待って中で食べました。。。メイフィは車中お留守番


  昼食後、松川湖公園へ向かう途中、「あ!コイケル発見!」
  もちろん即駆け寄りますとも(かれこれ7年もこういうことやってますな)。

  さて、このコは誰でしょ~?
c0065512_23141976.jpg
  3歳のコイケルレディー、その名もなんとコニーちゃん!
  福岡出身だそうです、パパママ誰かな?

  一緒にお写真撮らせてね(^^)
c0065512_2350453.jpg

  コニーちゃん、いい笑顔emoticon-0152-heart.gifキリリ美人さんですね
c0065512_0124859.jpg

  ちなみにうちと同じ沿線の横浜エリア在住とのこと。
  いつかお姉さんコニーちゃんとも対面させてみたいものです。


  興奮さめやらぬ状態で訪れた公園は、おおー、キレイ♪
c0065512_2355338.jpg
  曇り空の下でもなかなかの景色。花びらでピンクに染まった小川もまた風流。。。
  さあ、散策してたっぷりこの景観を楽しみましょう!

  ・・・と言いたいところでしたが、いやいや、寒いのなんのって。
  さすがの私もギブアップ、ぼちぼち帰路へつくこととしましょ。
c0065512_23595295.jpg

  最後まで読んでくださった方、お疲れ様&ありがとうございました!
   

  ★おまけ★ 1ヶ月半が経ち、焼きあがった作品がちょうど届いたのでお披露目(*^^*)
c0065512_084273.jpg

by mia-gon | 2010-05-28 23:59 | 旅行

Kooikerhondjeメイシェ & Papillonフィフィーユ 姉妹わんずとの のほほんライフを綴っています


by mia-gon