にこたまプチオフ☆

うららかに晴れた某日、いつもの河川敷でコイケルズと遊びました058.gif
c0065512_13253441.jpg



メンバー紹介は、オフ会デビューのこの3頭からにしましょ♪

ジュジュちゃん、7歳。このブログにも登場したことのある(割と)ご近所さん(^^)
c0065512_10554930.jpg
ユッタ×ケリーのC胎にして、8頭のコイケルちゃんのママでもあります。
とっても元気ハツラツ、パワフルな美人さん。ママ似ですね!

ピンクちゃん、4歳。ママはジュジュちゃん、パパはカイ。
c0065512_10555210.jpg
生まれてからずっとママと一緒♪
可愛らしくフレンドリーなコイケルガールです。

スノーちゃん、2歳。ジュジュ家末っ子、体はチワワ、心はコイケル(^^)
c0065512_1351610.jpg
コイケルパワーに圧されても、めげない強さが素晴らしい!
 
 
そのジュジュちゃん&ピンクちゃんが「元気だったー?」と出迎えてるのは
c0065512_11554739.jpg
 

お久しぶりのラーレちゃん
c0065512_10555822.jpg
ラーレちゃんはジュジュちゃんの娘、つまりピンクちゃんの同胎ちゃん。
プロポーションはカイパパ譲り、お耳の形はジュジュママ譲りかな?

 
そしてケリーっ子と言えば、仲良しさんにもいますいます。。。

というわけで、ユッタ×ケリーA胎の、テトちゃん
c0065512_10555682.jpg
テトちんとジュジュちゃん、うん、雰囲気が似てます~。
きっとお互い感じるものがあったようで、最初はライバル心がボボッと(笑)。


ベイクりんも、もちろんユッタ×ケリーA胎。
c0065512_1056758.jpg
元気あふれる女子たちを優しく見守ってました(笑)。
 

タオちゃんはいつ見てもあどけない少年のまま(*^^*)
c0065512_1056941.jpg
ベイ兄ちゃんたちと同胎の凛ちゃんとカイの間の息子なので、
ピンクちゃんラーレちゃんとはすごーく濃い血縁。。。
パパは同じ、ママは(一緒に生まれてないけど)姉妹ってことは、従兄妹?ほぼ兄妹?


変わってこちらは、くろわん家のアルティくん 
c0065512_10561632.jpg
はは、コイケルズを見るやいなや、気配消してましたね(^^;


ロイスくんはユッタ×ボイスのお坊ちゃま。
c0065512_10561359.jpg
病み上がりながら、がんばってエロイス発動してました(^^)
姐さんたちには相手にされない姿が。。。いじらしい。。。

ソフィーちゃんはママ一筋!(ロイス兄も好きだけどねー)
c0065512_10561897.jpg
誘拐しかけたけど、あまりに自分が極悪人に思えてきてあきらめたー。

この日、くろわん家は午後からの合流。
そんなわけで、集合写真に入ってなくてゴメンナサイ!
午後に用事のあったジュジュ家とはほとんど入れ違いながら、ご対面が果たせてよかった♪
c0065512_10553812.jpg


最後にうちのメイシェフィフィ
c0065512_14285131.jpg
c0065512_10562156.jpg
はは、メイシェもフィも遠い目をしてる(^^;。
でもメイシェはボール遊び楽しんでたでしょー。


そういうわけで、くろわん家の入ってない集合写真、いろんな意味で(笑)女子>男子の図。。。
c0065512_10553241.jpg









ランチの後は先述のようにジュジュ家とお別れし、残ったワンズはひと遊び。

ラーレちゃんはママと楽しそうにフリスビー♪
c0065512_10563293.jpg


ふと見ると、ロイちゅがお目目をキラキラさせて~(*^^*)
c0065512_10564510.jpg


ベイクおにーさまにアタック☆
c0065512_10571226.jpg
(ベイクりんの表情がなんとも言えない!)


「テトしゃまのことも忘れてませんよ~」
c0065512_10573091.jpg
と、こちらはガッツリ「お止め!!!」

ロイちゅ、いつか気持ちが実る日が来るといいね(^^;

ところで、午前中はぽかぽか陽気だったのに、午後からは冷たい強風が。
コイケルズのお耳もこのようにたれ耳返上(^^)。
c0065512_10563464.jpg
だんだん寒くなってきたので、この後ティータイムで温まって解散となりました☆


皆さん、遊んでいただきありがとうございました!また集まりましょうね♪
c0065512_10552464.jpg


by mia-gon | 2012-03-25 23:59 | オフ会

Kooikerhondjeメイシェ & Papillonフィフィーユ 姉妹わんずとの のほほんライフを綴っています


by mia-gon